the eating & lives in TAKASHIMA

第23話 茄子3兄弟
~美味しいからみんなつながる③〜
【 高島 】

出来上がった料理を前に笑顔の白崎さんとお孫さん
出来上がった料理を前に笑顔の白崎さんとお孫さん
0
  • 茄子の個性を生かした3つの料理
  • 1.焼き千両茄子
  • 2.賀茂茄子の揚げ漬し
  • 3.水茄子の浅漬け
千両茄子を薄く切り両面が色づくまで焼く
千両茄子を薄く切り両面が色づくまで焼く
焼き千両茄子 たれをつけて召し上がれ!
焼き千両茄子 たれをつけて召し上がれ!
賀茂茄子の揚げ漬し 味がよく滲みて美味しそう!
賀茂茄子の揚げ漬し 味がよく滲みて美味しそう!
水茄子の浅漬け ご飯のお供にどうぞ
水茄子の浅漬け ご飯のお供にどうぞ

白崎さんとエプロンをつけたかわいい二人の料理人(お孫さん)とで、楽しそうにお料理が始まります。「たれは、こうやって作るんやで。」「賀茂茄子を切って、片栗粉をつけて。」「包丁の刃は、自分とは反対の方に向けて置くんやで。」
レシピだけでなく、野菜の扱い方、調味料の使い方、調理器具の扱い方も丁寧にお孫さんに伝えます。自分が実際にやってみせて、出来そうなことはお孫さんにもやってもらう。まんまるの茄子は切るのが難しく、実は少し指を切ってしまいました。でもこういう経験を小さいときから積み重ねることによって、広い意味での食に対する姿勢や味付けのさじ加減、味覚なども培われていくのだと思いました。かわいい料理人の将来が楽しみですね!!

<レシピ>
【焼き千両茄子】
①千両茄子はヘタを落とし4等分にスライスし、水にさらしてアクを抜く。
②蓬莱鍋(フライパンでも可)に油をひいて、水気を切った①の両面を軽く焦げ目がつくまで焼く。
③②を器に盛り、きゅうりの千切りを添える。
④だし汁、みりん、しょうゆを混ぜて、たれを作る。
⑤③をたれにつけて食べる。

【賀茂茄子の揚げ漬し】
①賀茂茄子はヘタを落とし4等分にスライスする。
②①の両面にまんべんなく片栗粉をまぶす。
③フライパンに1cmぐらい油を入れ、両面を色が着くまで強火で焼く。
④酢、醤油、みりん、だし汁、砂糖、擦り下ろした生姜を混ぜて、たれを作る。
⑤③が揚げたての熱い内に器に盛り、④のたれを回しかける。
⑥お好みで、生姜の千切りとねぎを添える。

【水茄子の浅漬け】
①水茄子を洗い、水気を切る。
②ビニール袋など密閉できる袋に①と漬け汁(市販のものでも可)を入れる。
※水茄子が漬け汁にひたひたに浸かるぐらいの量
③②の袋の中の空気を抜き、冷蔵庫で1日~2日冷やす。
④③を袋から取り出し、手で割き漬け汁と一緒に器に盛りつける。


ライター

足立 信子
「なんか、面白そう!!」それが、取材メンバーに参加させていただいたきっかけです(笑)。和歌山県那智勝浦町出身。高校卒業後、京都で就職。結婚を機に夫の暮らす高島に来て、高島市民8年生です。「行ってみたいな♪」と思うところがまだまだたくさんあり、もっともっと高島のことを知りたいと思っています。そして、これからは、「高島って、こんなにええとこなんやで!」「案内するし来て!」と、私自身が感じた高島のよさを紹介していきたいと思います。2015年4月から心理カウンセラーとして市内で活動開始しました。 これから取材でお伺いすることがありましたら、ざっくばらんに「ふだんのくらし」についてお話を聞かせていただけたらと思います。どうぞよろしくお願い致します。

カメラマン

三上 紀顕
1940年山口県生まれ。職歴は建築設備士、健保職員。滋賀に来て47年になります。私が本格的に写真を始めてから46年になります。大阪のプロ写真家に師事し基礎から学びました。今私の得意としているのは風景写真です。特に撮影している範囲は高島市内です。写真も奥が深くまだまだ道半ばです。(安曇川町在住)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA