the eating & lives in TAKASHIMA
にしんの麹漬けや鹿を醸すのに使っているのは椋川の麹を使っています。
0

第5回サトパスツアーレポート

 

2月26日(日)「風と土の交藝×高島の食と人」サトパスツアーが行われました。

「風と土の交藝」とは高島市に住む個性豊かな暮らしを営む方々のご自宅や作家のアトリエなどを巡る市内全域をフィールドにしたイベントです。2017年の「風と土の交藝」には、これまで「高島の食と人-3つの〇〇-」でご紹介させていただいた方や撮影にご協力いただいた方がホスト側で多数参加されることになりました。そこでこの機会にその暮らしぶりに直に接していただこうと思い、サトパスツアー(高島市の暮らしを高島市民がプロのガイドとしてご案内する高島市の旅の仕組み)として企画しました。

20名の定員に対し定員を超える多数の応募があり全ての方にご参加いただけなかったことは大変心残りでしたが、ご参加いただいた皆様にはリアル版「高島の食と人-3つの〇〇-」を体験いただくことが出来ました。

「風と土の交藝」は高島市を南部と北部に分け前半3日間、後半3日間の期間で行われました。今回は前半の南部を巡るツアーのフォトライブでラリーをご紹介致します。

*クリックすると画像が拡大します。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA