the eating & lives in TAKASHIMA
【ロゴ】高島・水の音暮らしの音
0

2017年度の「高島の食と人-3つの◯◯-」のホームページでは映像を中心とした投稿を行います。

高島市からは琵琶湖の40%近くの水が流れ込んでいると言われています。
山林の比率が高く、山に蓄えられた水は幾つもの河川から平野部を抜け琵琶湖に注ぎます。
最大河川の安曇川には地下を流れる伏流水も多く、その水を汲み上げ今でも生活用水として活用している地域もあります。
高島市の人々の暮らしはそうした豊富な美しい水とともに育まれて来ました。
次週4月12日(水)からホームページとフェイスブックにおいて「高島 水の音 暮らしの音」と題し、
四季を通じた高島の水を巡る食と暮らしのシーンを切り取り、60秒程の短い映像にして毎週水曜日に公開してゆきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA